生命保険比較のコツ

簡単に保険料はでない

生命保険の比較サイトでよくあるのが、性別や年齢を打ち込んで保険料金が出るというシステム。

 

これでなんとなくの金額を創造する程度ならいいのですが、これがまったく正確であると思い込むのは危険です。
保険選びがよくわからない人がほとんどなので、便利だとは思います。

 

保険の内容については、さまざまな細かい規定があります。
病歴、現在の健康状態・・たとえば高血圧、薬を服用している、通院している・・など、細かく相談しないとわからない部分があります。

 

また、保険会社によってもその内容は変わります。
その比較サイトで扱っている保険会社によって、状況が変わってくるのです。

 

たとえばA社では、入院の保障が2ヶ月60万円 B社は30万円ということがあるわけです。
このあたりもにゅういんに関する保障を厚くしたいのかそうでないのかなど、しっかりと考えなくてはいけませんし、まずは自分が理解しなくてはいけません。

 

比較サイトや資料請求に関しては、一社だけではなく数社、数サイトで、同じ条件で資料請求や相談をすることが大切です。
あくまで同じ条件で相談しないと比較できなくなりますので注意してください。

 

比較サイトの中にはクチコミが書かれているサイトもありますので参考になります。
また、そのクチコミもすべて信用せずに最終的には自分で確認する必要があります。

 

サイトの内容も間違っていることがあります。
保険料金や、保障の内容はどんどん変わっていくので、専門家の意見が大切です。