生命保険比較のコツ

生命保険の落とし穴とは・・何か?

まず、生命保険の保険料。これが落とし穴になります。
保険料が安いに越したことはありませんし、自分の保障内容にぴったりの最も安い保険料が理想的です。

 

保険料に関しては、自分の支払える額ということもモノサシになります。
しかし、「安い」「格安」というだけを頼りに保険に入るのは危険です。
保険は、イザというときに保障してもらうのが目的です。その保障は、時によってどんどん変化していきますし、保障の内容や大きさも変化します。
保証が少なくていい時期もあるでしょうし、大きくないとイザというときに耐え切れない場合もあるでしょう。

 

たとえば、共働きの夫婦に子供が生まれて、夫のみが働いているときの、夫のに訪れた突然の不幸。
想像してください。

 

これから赤ちゃんの将来。働けない赤ちゃんを抱えた母。
そう考えるとどの時点で保障を大きくしないといけないかかがわかると思います。

 

次に、友人などに勧められて内容も確認せずにはいること。
これは意味がありません。

 

保険会社にはノルマがあることも多く、友人も頼りにされるでしょう。
そういったときもしっかりと、保障総額を割り出して、保険金を出していかなくてはいけません。

 

 

保険料の支払いは家の購入と同じくらい高額になります。
貯蓄のようにかけてはいますが、貯蓄となるわけではありません。イザというときに保障してくれるだけなので、イザというときだどのような時なのかをしっかり考えないと、何のために保険料を支払っているのかわからないことになります。

 

入院しなくてはいけなくなったときに、一日の入院費がこれだけじゃ足らないとなってからでは、遅いのです。
そのため、「どういった可能性に、どこまで備えるか」ということは、しっかり考えた方がいいわけです。

 

お付き合いで入るときには、自分の収入や財産も話さなくてはいけないので、そのあたりも考えたいところです。
このあたりを隠したりすると正確な保障額が出ません。

 

安さとお付き合い。
これには落とし穴があるので注意してください。
生命保険は、自分と自分の家族に守るために、確実に保険金がおりる!ここのみが大切なのです。